YSP福重/福岡市早良区小田部4-5-1 営業時間/10:00~19:00 定休日/水曜日 TEL.092-851-1313

2017年06月13日

FJRにスモーク加工

ご提案と言いながら、実はお客様よりのご要望で実現しました。
写真だけで おやっ? っと思われたならなかなかのFJRツウです。

IMGP9819.jpg

お分かりでしょうか?
こちらは純正スクリーンなのにスモークなんです。

FJRのスモークスクリーンは社外より供給されていますが、やはり性能は純正が一枚上手。
そこで純正スクリーンをスモーク加工して、快適性能を格段にアップ。
しかもルックスも締まって、精悍なマスクのFJRに良く合います。

実はこのスモーク加工、かなり高度で特殊なカスタマイズでして、信頼と実績のあるプロの技術を必要とします。

YSP福重では既にご購入頂きましたお客様と、これからご購入頂きますお客様へ、このスモーク加工を承ります。

FJRのリミッターカットと同じく、自店販売のお客様のみご提供させて頂きますので、気になった方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

2017年06月12日

メカニック便り 132

メカニックの柴田です。

リコールでお預かりしていましたドラッグスタークラシック400はオーナー様が

運転中クラッチ操作に違和感があるとの事でしたのでクラッチプレート交換作業も

お受けいたしました。冷間時と走行後の明らかなクラッチの遊び量の変化が発生する

という事でした。

DSC_0889.jpg

マフラーは全て外します。ステップ、ブレーキペダルも外します。

カバーを開けるとクラッチはこんな構造です。

どのMT車も同じ構造です。

DSC_0886%20%281%29.jpg

DSC_0888%20%281%29.jpg

外したクラッチプレートです。まだ走行距離が4000キロなので新品との

外観の違いははっきり分かりません。

クラッチプレートを交換して体感できる大きな違いはありませんでしたが、

冷間時と走行後のクラッチの遊びの変化は交換前よりは少なくなりました。

外したクラッチプレートはメーカーに送り返すことになりました。

プレートの歪みが原因ではないかと思います。原因が定かでないのが後味悪いですが

今後同じ車種で同じ事例が出れば今後の勉強に出来ると思いました。

メカニック便り 131

メカニックの井上です。

S様MT-07のメンテナンスの続きです。
今回は、チェーン&スプロケットの交換です。
IMG_2539.jpg
錆とスプロケットの摩耗がみられます。
調整はまだいけますが、こちらも早めの交換でのご依頼です。
チェーンとスプロケットは同時交換をお勧めします。
IMG_2541.jpg
IMG_2542.jpg
IMG_2543.jpg
交換作業に入り、ちゃちゃっと組み付けていきます。
IMG_2545.jpg
新品って気持ちが良いものです。
さー交換したから暫くは大丈夫って思うでしょ?
実は新品チェーンって最初が一番伸びるんです!
約1,000km走られましたら必ずチェーンの張りをチェックし、調整してください。
雨の日なども乗られる方は、週1回は必ずチェーンに給油してあげてくださいm(__)m

V・ロッシとM・ビニャーレス、8位と10位

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとM・ビニャーレスは、カタルニアGPでそれぞれ8位と10位でゴールラインを通過し、貴重なポイントを手中にした。

20170611motogp_1.jpg

Monster Yamaha Tech3のJ・ザルコが、14番手からスタートしたあと素早く順位を上げてヤマハ勢トップの5位を獲得。厳しい暑さで、難しいコンディションになったにもかかわらず、レース終盤までに6番手へ浮上し、最終ラップではチームメイトをパスしてサテライト勢トップの座をもぎ取った。

20170611motogp_08.jpg

「フリープラクティスの全セッションで苦戦してきたので、厳しい展開になることをはじめから予想していました。今日のようなコンディション、つまり暑くて路面グリップが低下しているときには、われわれのマシンはいつものような強さを発揮することが難いようです」

息が詰まる様なレースでしたね。結局、全てのライダーがレース序盤からタイヤと相談する慎重なレース。自らクラッシュを選択するライダーは僅かでした。
ヤマハワークスは浮彫の課題に対して、今日のテストで良い結果を掴めると良いのですが。

次戦は25日オランダです。

第7戦カタルニアGP、決勝結果はこちらから。

2017年06月11日

メカニック便り 130

メカニックの柴田です。

DSC400のリコール対策作業です。交換部品はステータコイル一式となります。

DSC_0889.jpg

DSC_0896.jpg

本日の作業でDSC400のリコール作業は二回目です。最初の作業は4時間ほど要しましたが、

何が一番時間がかかるかというと、古いガスケット剥がしです。

綺麗に取り除いておかないと新品ガスケットを取り付けた際に隙間ができ、オイル漏れを起こ

します。

作業開始から試乗も含めて約3時間ほどで完成出来ると思います。

DSC400にお乗りの方にはご迷惑をお掛けしますが、まだ対策済みでない

お客様はお早めに対策済みの部品交換をお願いしています。

Movistar Yamaha MotoGP、グリップ不足に苦戦

Movistar Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスはQ1で2番手を獲得し、12人で行われるQ2へ進出して9番手を獲得。
一方のV・ロッシはQ2への進出を僅差で逃して13番手となった。

20170610motogp_01.jpg 20170610motogp_02.jpg

J・フォルガーが予選で健闘してヤマハ勢トップの8番手を獲得。
チームメイトのJ・ザルコもQ1で決意の走りを見せた。後方からスタートしたあと激しいチャージを図ったが、トップ2にはわずか0.060秒届かずQ2進出はならなかった。

20170610motogp_05.jpg 20170610motogp_06.jpg

今回、最大の問題はザルコのヘルメットです。デザインを変えて来ましたので、動画では探しつつ見落としてしまいます。
皆さん、ザルコのヘルメットのデザインは確認しておいてくださいね。

さて、ロッシが苦戦しつつもザルコも苦戦となれば、原因はマシンではなさそうですね。
路面温度が50℃を超えると、コンパウンドを変えても勝負への影響は少ない様子。
どのチームもグリップがつかめずにセッティングを探っている状態です。

決勝も恐らく転倒が多数発生すると思われますので、大荒れのどんでん返しも大いに有り得ます。
ウルトラスムーズで最後までやり過ごすか、一発勝負のアグレッシブな勝負師か、勝者は誰になるのでしょうね。楽しみです。

第7戦カタルニアGP、予選結果はこちらから。l

生放送、日テレG+の放映スケジュールはこちらから。

2017年06月10日

試乗が拘りのの福重

MT-10とMT-09、カタログデータの違いは分かるが実際どうなんだろう?そんなをお悩み解決をお手伝いします。

_IGP9602_8_400.jpg

試乗は詳細をご確認いただいた上で前日までにご予約下さいませ。
当日のご対応はご遠慮させて頂いております。
詳しくはこちらからご確認頂けます。

2017年06月09日

メカニック便り 129

メカニックの井上です。
S様MT-07 のフロントフォークOHとチェーンスプロケット交換のご依頼を頂きました。
IMG_2532.jpg
ありがとうございます。
今日はフロントフォークOHの作業過程をあげさせて頂きます。
IMG_2533.jpg
早速フロントフォークを分解していきます。
IMG_2534.jpg
ダストシール、オイルシール共に劣化は酷くないですが、定期交換ですので早いに越したことはありません。
S様は大学生ですが、しっかりとMT07のメンテナンスをされます。
お若いのに関心させられますm(__)m
IMG_2535.jpg
27,000km走ったフォークオイルも汚れは酷くないのですが、粘度は下がっておりました。
IMG_2536.jpg
全て分解し、清掃しております。
さて、組み込んでいきますが、純正との変更点をご紹介します。
IMG_2537.jpg
SKFフォークシールです。スタンダード比20%以上フリクションを低減します。
耐久性にも優れております。
IMG_2538.jpg
サスペンションオイルにも一手間加え、EPLのPL500を混ぜての油面調整を行っております。
IMG_2546.jpg
組み付け完了です。S様のインプレが楽しみです。

次のブログには、チェーン交換についてあげさせて頂きますm(__)m

2017年06月08日

メカニック便り128

メカニックの柴田です。

エアフィルターの汚れ、交換対象の点検です。

DSC_0878%20%282%29.jpg

↑こちらのエアフィルターはアクシストリート(約20000キロ走行)から取り外した

モノです。ご覧のとおりひどく汚れています。これでもエンジンにはしっかり

空気は送られていますが、新鮮で綺麗な空気が取り込まれているのか?

と言いますと、そうではありません。

エアフィルターは良い混合気をエンジンに送る為、フィルターを通して

走行中の外気、路上の埃・粉塵・湿気をフィルターに吸着させて濾過された空気だけが

エンジン内部に送り込まれます。これが、長期間同じ状態に晒された状態が

続きますとフィルターの本来の機能が発揮できなくなります。

DSC_0879%20%281%29.jpg

↑二枚目画像の上のフィルターは10000キロ走行のエアフィルターです。

車種によっては汚れの進行具合に差が出てきます。

スクーターは後輪上方に取り付けされている場合が多いですので直接外気を

吸入しフィルターが汚れるのが早い傾向にあります。


このぐらい汚れていても体感できるパワーの差はそんなにありませんが、

消耗品ですので一定の期間もしくは期間を定めて交換するのが一番です。

2017年06月06日

メカニック便り 127

メカニックの井上です。

本日、ドラックスター400FI、ドラックスタークラシック400FI のリコールが発表になりました。

詳細は下記の通りです。(ヤマハHPより抜粋させていただきます。)
原動機において、クランクポジションセンサー内部のはんだ付け部を覆う、保護材の材質が不適切なため、エンジンオイルがセンサー内部へ浸入し、銅線に付着することがある。そのため、渋滞路走行等によりセンサーが高温になると、エンジンオイル成分で銅線が腐食し、最悪の場合、銅線が断線して走行中にエンストやエンジンが始動不能となるおそれがある。

改善処置の内容:ステーターコイルアッセンブリを対策品と交換する。

ご愛用者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。改善部品が入庫次第、順次ご連絡させて頂きますので、もう暫くお待ちください。

ご自身のバイクが、リコール対象車か確認についてはこちらから検索いただけます。

Calendar

2017年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

YSP友泉グループ~YSP小倉・YSP大濠・YSP友泉・YSP福重はお客様のバイクライフを生涯サポートさせていただきます
YSP友泉のウェブサイトへ

YSP大濠のウェブサイトへ
YSP小倉のウェブサイトへ

バイク・オートバイを借りるならレンタルバイク九州でYSP福重はレンタルバイク九州加盟店です~レンタルバイク九州のサイトへ

<../../img src="common_pics/makersite.gif" height="20" width="142" />
ヤマハ発動機のサイトへ
ヤマハ海外向けモデル/プレストコーポレーションのサイトへ
YSPメンバーズクラブのサイトへ
社団法人 自動車公正取引協議会(ATFC)のサイトへ
(社)自動車公正取引
協議会(ATFC)
二輪車リサイクル~YSP福重は廃棄二輪車取扱店です
廃棄二輪車取扱店
(社)全国二輪車安全普及協会グッドライダー防犯登録
(社)全国二輪車安全普及協会
グッドライダー防犯登録
NMCA日本二輪車協会~オンライン署名募集中!バイクに駐車スペースを
NMCA日本二輪車協会
オンライン署名募集中!