YSP福重/福岡市早良区小田部4-5-1 営業時間/10:00~19:00 定休日/水曜日 TEL.092-851-1313

2017年06月30日

メカニック便り 145

メカニックの井上です。
あっという間に6月も終わり、明日から7月です!
さて、7月のイベント案内です。

YSP走行会 IN オートポリス  今年も開催致します。

開催日 7月23日(日曜日) 

参加料金 ¥10,000(税込)

去年と同じく、クラス分けのすべて先導車付となります。

革ツナギやブーツでなくても走れるクラスを設けております。

参加ご希望の方は、参加申込書にご記入ご捺印、参加料金のお支払いが必要となります。

一度、YSP福重へご来店頂く必要がございます。

タイムスケジュールや参加申込書が届いておりませんが、参加者は募っておりますので

お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

詳細が分かり次第、HPのイベント情報でご案内致します。

また、同日同じ場所で、YZF-R25/R3・MT-25/3 ミーティングを開催致します。

こちらは参加費は無料ですが、オートポリス内で行いますので入場料がかかります。

ミーティングのスケジュールも、HPのイベント情報でご案内致します。

ツーリングとしてオートポリスまで向かいますので、走行会参加者・ミーティングのみの参加者もご一緒しましょう。たくさんのご参加お待ちしております。
IMG_2617.jpg

半年以上は乗っていない彼を動かす時がきました。

皆様も走られる時は事前にしっかりメンテナンスしてください。

メンテナンスもYSP福重へお願いいたしますm(__)m


2017年06月29日

メカニック便り 144

メカニックの柴田です。

mt-07お乗りのH様、火曜日に当店へお立ち寄り頂きました!

DSC_0995.jpg

写真の通り、相当の量の荷物が積載してあります。ということは、リアサスペンションには

通常の約1.5倍の荷重がかかっていることになります。

サスペンションアジャスターを回転させ、跨いでもらい、リアの沈み具合をチェックします。

出発前なので各部の締め付け点検も行いました。

荷物を積載するステーやフックは全て自作との事でした。着替えや生活消耗品以外に

キャンプ道具、米も用意してあるそうです。

自炊、キャンプを体験できるロングツーリング、面白そうですね!


本日より九州を離れ、北の大地を目指し、船を二度乗り継いで行かれる

そうです!

20日間の北海道ツーリング、どうぞ満喫してきてください!


2017年06月27日

メカニック便り 143

メカニックの柴田です。

昨日開催のJSB観戦ツーリング、予定通り決行しました!

DSC_0954.jpg

オートポリス駐車場内にて撮影です。

参加人数は私を入れて四名、雨の中ツーリングにご参加して頂きました。

他にもバイクで観戦に来られている方は多かったです。

DSC_0957.jpg

DSC_0959.jpg

抽選会の様子です。ポーチ、ヘルメットが景品です。

DSC_0960.jpg

ヘルメットはなんと、中須賀克行選手のサイン入りのアライ・RX7Xです!!

DSC_0963.jpg

先月RX7Xは購入しましたが、これも欲しくなってしまいました><

DSC_0961.jpg

抽選会が終わり、各メーカーの車両展示ブースを覗いて見ます。

DSC_0962%20%281%29.jpg

まずはyamahaです。

DSC_0974.jpg

おおおっ!!これは! 新型T-MAX530ではありませんか!?

DSC_0965.jpg 

今回ご参加頂きましたT-MAX530乗りのY様、べた褒めでしたね~!

価格が高価でなかなか手が出ないですね!

DSC_0967.jpg

YZF R-25のH様  

大型二輪は魅力満載ですよ!是非免許取得してください。

DSC_0968.jpg

BOLTのS様

新型T-MAX530のすわり心地はいかがでしたか?快適そうですね!

DSC_0973.jpg

角度を変えてみると非常に立体感あるヘッドライトです。

DSC_0972.jpg

ヘッドライトのカタチが鋭さを増しています。斬新です。

写真で見るのとではやはり全然違います。素敵です><

タイヤはダンロップ、ロードスマート3を履いています。

DSC_0975.jpg

DSC_0977.jpg

各メーカーの車両展示ブースにはホンダ、カワサキ、DUCATI、BMWの

新型主力機種が多数展示されていました。

K社の注目の的はカワサキ・ZX10Rです。

気合の入り方が違います!上のZX10Rの画像ですが、判りにくいですが、

ブレーキディスクローターのパッドあたり面が狭くなってます。

走行中のフリクションロスの低減を図っているんでしょうか。


この後、パドック見学に向かいます。なにやら臙脂色(赤)のニンジンの

様な形をしたものが歩いてきます。

この時はニンジンだと一緒に歩いてる他店のスタッフと話していましたが、

サツマイモだという事でした、失礼いたしました。
DSC_0981.jpg

DSC_0982.jpg

これからロードレースが開催されるという雰囲気が漂っています。その気にさせられます!

DSC_0983%20%281%29.jpg

DSC_0986.jpg

スタンドに向かうと既にウォームアップ走行、やっていました。

しかし、コースは霧が出てきそうです。

DSC_0987.jpg

途中二度、レッドフラッグが出ました。濃い霧の影響です。

雨もぱらつき始めていました。

悪天候の状況が続きます。

DSC_0989.jpg

スタート直前で雨が降り出しスタートディレイとなってしまいました。。

中須賀選手は周を走るごとに順位を上げていて、レース中断

直前までまでの順位は3位まで詰めていました。

仕切り直しになったレースは3周終了時の順位でグリッドに付き、

再スタートです。

トップ争いを繰り広げていた中須賀選手と高橋巧選手でしたが、

8周目で高橋選手のマシンにトラブルが発生してしまいスローダウンします。

そのままピットに戻りリタイヤとなってしまいました。。

これでトップ独走した中須賀選手はチェッカーフラッグを受け、優勝しました!

順位は、1位:#1 中須賀克行選手 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

    2位:#12 津田拓也選手 ヨシムラスズキ MOTUL

    3位:#23 渡辺一馬選手 KAWASAKI TEAM GREEN

という結果でした、

ロードレースの知識が殆どなかったのですが、結果的に自身も楽しむことが

出来ました。-

今回のツーリング参加のお客様ではありませんが、FJRのM様、YZF R1の川尻様、

MT-07の清水様、お会いできて良かったです!

次回のツーリングエントリー、お待ちしています。


決勝レースを見終え、帰路に着きますがやはりこの日は一日中雨で視界不良でした。

オートポリスに向かう途中、いくつかのハプニング(太宰府インター付近で軽ワゴン転倒)

(道路のど真ん中で犬が寝ている)等ありましたが、無事に観戦ツーリングを

終えてホッとしています。頼りない先導ではありましたが

ご参加頂きましたTMAXのY様、YZFR25のH様、BOLTのS様

ありがとうございました。

2017年06月26日

メカニック便り 142

メカニックの井上です。

6月25日(日曜日)にYSP筑紫のオープニングスタッフとして一日だけ行ってきました。
IMG_2602.jpg
お昼前には雨も止み一日中曇り空でしたが、
沢山のお客様にご来店頂き、YSP福重のお客様も遊びに来て頂きました。
差し入れありがとうございました。

店舗の広さ、展示車両台数に!!
IMG_2598.jpg
IMG_2603.jpg
奥には、納車室を完備!!M1とYA-1 ヤマハのまさに新旧揃い踏みです!
IMG_2605.jpg
ピットも広いんです!!まだ工場の認可がおりてませんが間もなく稼働します。
YSP福重のスタッフでした川尻がバッチリ整備してくれますのでご安心下さい。
IMG_2601.jpg
オープニングキャンペーンも行っておりますので、お気軽にご来店下さい。
お客様の気になる車両があるかもよ~♪
IMG_2599.jpg

2017年06月25日

YSP筑紫にはYZF-R6がありますよ!

プレストコーポレーションよりYZF-R6のカタログが届きました。

しかし肝心の車体はプレストでは完売しております。R1と同じく、一年分の台数を先行予約だけで完売。
逆輸入車界のテイラー・スイフト、スーパースポーツ界のアリアナ・グランデといった所でしょうか。いわゆる秒殺状態です。

19105871_1442324145790458_3930088140293577117_n.jpg

普通なら来年まで待たなければ手に入らないのですが、実はごく少数ですがまだ手に入れれる方法が・・・

先日、開店準備中の新店舗、YSP筑紫へ行ってきましたが、先週末の24日に遂にオープンしました。

XV1900CU、XV1900A等、プレストの逆輸入車もずらりと展示しております。
DQGV3476.jpg

さて、そんなYSP筑紫ですが、何とYZF-R6が入荷していましたよ!
実は新店舗オープンにあたり、車体を確保しておいたのですね。

詳しくは、YSP筑紫にお問い合わせを!

気になるあなたはYSP筑紫から目を離さないで下さいね!

2017年06月24日

明日25日の営業・ツーリングは・・・

JSB1000は予選も開催され、レースは実行される方向で進んでいます。これに伴いまして、応援ツーリングは予定通りに集合・出発致します。詳細はイベント情報をご参照くださいませ。
エントリーをご希望の場合、必ずMAIL等でご参加表明をお送り下さい。

また、店舗につきましては、ショールームは通常営業を行います。
PITは終日閉鎖致しますので、誠に恐れ入りますが明日は一切の整備サービスはお休みさせて頂きます。

全日本ロードレースはチケット販売・ツーリングご参加、まだまだお待ちしております!

メカニック便り 141

メカニックの井上です。

K様TRICITY125に通勤最強を付けお取付けさせて頂きました。

ありがとうございます。

IMG_2592.jpg

TIRICITY155・125用 ROOF KIT & ML-N リアボックスです

雨天走行に対応できる専用ルーフキットです。

IMG_2593.jpg

IMG_2594.jpg

手元スイッチ式電動ワイパー付きです。

IMG_2595.jpg

65Lのリアボックスもインパクトありますね。

IMG_2596.jpg

FRP製で重量も軽くて! 

注意点として、強風、荒天時でのご使用はできません。風の抵抗を受けやすい為です。
また、TRICITY155での仕様の際は、上記並びに高速道路、自動車専用道路でのご使用はできません。 

2017年06月23日

メカニック便り 140

メカニックの柴田です。

今回は整備以外の内容です。

水曜日に岐志まで鱚釣りに行ってきました。

釣果はこのとおりです↓

 DSC_0938.jpg

潮のタイミング、海底の棚の探りが読めれば数釣ることが出来ますが、

ハッキリ言って、まだまだです!

なんでも勉強ですね!

釣りに行くときも専らMAJESTY400を使用します。

シートスペースはありがたいです。

DSC_0936.jpg

この後鱚は綺麗に調理し、素揚げにして頂きました。

貴重な食材、美味しくいただきました!

DSC_0928.jpg

2017年06月22日

おすすめしてますよ、EPL!

メカニックの井上です。
お待たせ致しておりますm(__)m
MT-10 の試乗車の準備が整いました~
IMG_2306.jpg
新車だから慣らしが必要でしょ?慣らしで試乗しなければならないの?
YSP福重の試乗車はそんな煩わしさがありません!
IMG_2307.jpg
今回の主役。 PL-500の登場です。
ご存知ない方も多くいらっしゃいますが、こういう商品でございまして、結果的に慣らし運転不要。
むしろ慣らし運転禁止?
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.epl-japan.co.jp/q_and_a.html
もちろん新車時のみに限りませんので、どのタイミングからでもお試し頂けます。
EPLの商品、あまり見かける機会が少ないのは、販売店が限られているからでしょうか。
EPLの商品特性を理解し、正しく処方できるショップにしか供給されていない様です。
慣らし運転不要は、どのバイクにも同じく行えます。
お気軽にお問い合わせください。
最近、エンジンの調子が落ちたかな? 燃費落ちたかな? ノイズ増えたかな?
そんなお悩みがございましたら、お試し頂くと解決するかもしれません!

2017年06月20日

メカニック便り 138

メカニックの柴田です。

yb-1のドライブチェーン交換のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

DSC_0912.jpg

チェーンはかなり錆が目立ちます、見た目だけでなく走行中もジャラジャラと

不快な音が発生することが想像できます。

チェーンとスプロケットは同時交換が基本です。このyb-1もチェーン+スプロケット

同時交換を行います。

DSC_0911.jpg

古いドリブンスプロケットはチェーンの油とほこりで真っ黒になっています!

それに比べ、新品はやはり綺麗でいいです。足回りのリフレッシュです。

DSC_0932%20%281%29.jpg

DSC_0933.jpg

今では珍しい?ヤマハの2st50cc・yb-1です。

他にもキャブレター清掃を行いました。

中古車で探しても状態のいいものはなかなかないと思います。

磨きとコーティングも施しました。

オーナー様には是非長く乗り続けてほしいと思います。

2017年06月19日

メカニック便り 137

メカニックの井上です。

なんと!MT-09 TRACER 2017年モデルにヤマハ純正のQSS(クイックシフトシステム)が取付可能です。

2017年モデルのMT-09、MT-10に標準装備されているQSSです。
IMG_2586.jpg

価格も!! ¥19,440(税込み)とお手頃価格!!

取付工賃も ¥6,480(税込み)

合わせて~ ¥25,920(税込み)

社外のQSSを付けるより格段にお得です。

車両ご購入と一緒にいかがですか?

2017年06月18日

メカニック便り 136

メカニックの柴田です。

前回投稿させていただきましたXT1200Z、着々と準備が進んでいます!

パニアケースは立派な段ボールケースに入ってやってきました。 

DSC_0915.jpg

タンデムステップ後方にパニアケースのサポーターが付きます。

DSC_0917.jpg

箱を開けるとスーパーテネレに相応しいパニアケース、ごっついですね!

DSC_0918.jpg

DSC_0919.jpg


DSC_0920.jpg

どの角度、位置から見ても車体、特に後ろが二回りは大きく見えます。

パニアケース付けるだけで、どこまでもツーリングに出かけられる割とスタンダードな

装備ですが、これを付けるか付けないかでテネレのツーリング能力は変化します。

勿論、取り外し可能です。次はフォグランプ取り付け予定です。

2017年06月17日

移動完了 XJR1300FI中古車

YSP福重では系列店より中古車を移動しての販売も可能です。
本日はXJR1300FI最終型の極めてコンディションの良い車体を、YSP大濠より持ち入れました。

_IGP9639.jpg

2017年式、520㎞。目を疑いますよね。 なぜに??大丈夫なの??そう思われても不思議ではありませんが、YSP大濠より新車販売したワンオーナー車、もちろん無転倒、たっぷりメーカー保証付きです。

_IGP9640.jpg

車検は31年1月。おろしてからまだ2年に満たないんですね。

_IGP9641.jpg

この美しいマフラーを装着したその日に、YZF-R1をご契約いただいたとか。下取り車です。

_IGP9642.jpg

もちろん車検対応、安心してお楽しみ頂けます。

_IGP9643.jpg

新車は既に完売。絶版車となりました。

_IGP9645.jpg

コンディションはもちろん最高です。

_IGP9644.jpg

価格で探せばまだ商品はみつかるでしょうが・・・

_IGP9646.jpg

コンディション重視ですとこれを超える商品はもはや期待できません。

さて、ご検討頂いておりますお客様へは、ぜひお早目のご英断をお勧め致します。

もちろん一台限り、先着ご注文優先です。
車体価格 ¥1,166,000 クレジットは3.9%、120回まで。
新規のお問い合わせも、気になる方はぜひお早目にどうぞ。

メカニック便り 135

メカニックの井上です。

今回、BOLTのハンドル交換のご依頼です。
ありがとうございます。
BOLTをお乗りのお客様の声で一番多く感じるのが、ハンドルが少し遠いとのご意見が多い
確かにハンドルをきると、遠く感じます。
今回取り付けますのが、PLOT EFFEX イージーフィットバーPlus  です。
純正よりも30mmグリップ位置が手前にきます。
IMG_2573.jpg
上が純正です。違いますね~♪

BOLTはハンドルのみの交換で問題ありません。
BOLT-ABS車はブレーキホースの交換も必要になりますのでご注意ください。

2017年06月16日

メカニック便り 134

メカニックの柴田です。

マジェスティSのフロントフォークスプリング交換のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

DSC_0904.jpg

早速、フロント周りの外装を素早くバラしていきます。

少し特殊な構造のフロントフォークは取り外しに慣れてないと大変です。

DSC_0907%20%281%29.jpg

下に写っているのが純正フォークスプリングです。スプリング自由長の差は14MM

ありました。

フリーの状態で14MMも差があると、組み付けたときに更に乗り心地に差が出そうです。

純正スプリングの状態では柔らかさを基本としていながら、路面からの衝撃にしっかり

耐えショックを吸収出来る、決して「硬め」ではない乗り心地が印象的です。

DSC_0906.jpg

スプリングとフォークオイルの交換だけですので、シール類の交換は必要ありません。

マジェスティ-Sや、シグナスのフォーク分解をするときは、フォークキャップの

取付・取り外しがOリング状のピンによって固定されていますので脱着に時間が

かかります。

DSC_0905.jpg


作業時間は約2時間ほどで完成です。

スプリング交換後の乗り心地は、スプリングが短くなった分、沈み初め初期の細かい

ショックを拾わずまとまった「衝撃」となってハンドルに伝わってきます。

沈み込ませてみると純正スプリングの時よりも踏ん張り感が増えている感じです。

純正スプリングは密になったスプリングの長さが長い為、フワフワした感じが

残りますが、交換後はしなやかにショックを吸収してくれるように変化しました。

高速域ではこのスプリング交換の効果は発揮出来るのではと思います。

FJRのハンドルアップをご希望でしたら

以前よりご紹介してましたコレ、細々と人気が続いておりますのでご紹介致します。
いかにも海外から来ました的なパッキングですが通常は納期3週間といった所です。
現在は取寄せ中です。

ASは問題なく取付できますが、Aの場合はクラッチホースの延長が必要となる報告がございました。
AS用とご理解くださいませ。

箱は意外と小ぶりですが中身は全て揃っているのかちょっと不安ですね。

_IGP7686.jpg

毎度必ず検収しますよ。
ふむふむ。 大丈夫そうですね。

さてご期待にお応えできるかどうか、ちょっとご紹介してみます。

_IGP7688.jpg

今回のメインはこのブロックです。
一般的なハンドルアップスペーサーはセパレートですが、こいつはモノブロックです。

手前中央のネジ穴はボールジョイントが取付け出来ますので、直接ナビマウントにできるのも特徴です。
_IGP7689.jpg

ちょっとあてがってみますね。
弊社のFJR1300AS試乗車ですが、こんな感じです。
いかがですか?

_IGP7690.jpg

イメージだけでなく数値でもお知らせ致します。
厚みが24.8mm、すなわちハンドル高さが24.8mm上がります、という事です。

悪くないですね。 打率2割4分8厘でもOKでは有りませんが、悪くもないです。それと同じです。

_IGP7692.jpg

さらに続けます。
このネジ穴はハンドル固定部の物で、その距離が53.51mm、すなわちハンドルがノーマルよりも53.51mm近くなりますよ、という事です。

悪くないですね。

_IGP7693.jpg

さて、ここまでこっそりご紹介して参りました FJR1300用のハンドルアップスペーサーキット ですが、只今入荷待ちでございます。

早速、FJRのハンドルを近くに寄せて少し上げたいと思ってある方も少なくないと思われます。
ですので、よし、すぐに付けよう! といった場合にはお急ぎご連絡下さい。

こちらはご注文先着優先ですので悪しからずご了承ください。

なお価格は為替で変動する場合がございますが、当面は税込み¥39,800+消費税でお願い致します。

ご興味がお有のFJR130ユーザー様からのお問い合わせもお待ちしておりますので、皆様宜しくご検討くださいませ。

FJR1300ASは店頭に試乗車・即納可能な新車をご用意致しております。

FJRが気になったら、YSP福重へお気軽にお越しくださいませ。

完売したはずのR6を買える唯一の方法

プレストコーポレーションよりYZF-R6のカタログが届きました。

しかし肝心の車体はプレストでは完売しております。R1と同じく、一年分の台数を先行予約だけで完売。
逆輸入車界のテイラー・スイフト、スーパースポーツ界のアリアナ・グランデといった所でしょうか。いわゆる秒殺状態です。

19105871_1442324145790458_3930088140293577117_n.jpg

普通なら来年まで待たなければ手に入らないのですが、実はごく少数ですがまだ手に入れれる方法が・・・

先日、開店準備中の新店舗、YSP筑紫へ行ってきました。
福重よりも大分広い店舗で、ずらりとヤマハの車体で埋め尽くすべく、準備中でした。
いくつかですが、商品も搬入されていました。

XV1900CU、XV1900A等、プレストの逆輸入車が10台ほど展示してありました。
オープンイベント用の商品の様ですが、詳細はYSP筑紫のホームページでの公表をお待ちください。

DQGV3476.jpg

オープンは6月24日の土曜日です。
ぜひ脚をお運びください。

さて、そんなYSP筑紫ですが、何とYZF-R6が入荷しているではないですか!
実は新店舗オープンにあたり、車体を確保しておいたのですね。

詳しくはここではお伝え出来ませんが、YSP筑紫でのみ、ご購入頂ける事には間違いありません!

全ては6月24日、朝10:00オープンのその時までに明らかに!
気になるあなたはYSP筑紫から目を離さないで下さいね!

2017年06月15日

メカニック便り 133

メカニックの井上です。

Y様YZF-R25のマフラー交換のご依頼を頂きました。
ありがとうございます。
現在取り付けておりますマフラーも既に社外マフラーのスリップオンタイプですが、
今回はフルエキゾーストへ変更です。(写真撮り忘れておりました・・)

選ばれたのは!!!こちら!!!!
IMG_2547.jpg
IMG_2549.jpg
IMG_2548.jpg 
SP忠男 PURESPORT TwoTail  です!
2本出しマフラーなんですね~♪カッコイイだけじゃありません。
サウンドも良い、走りも良い、さすが忠男様ですm(__)m
2次エアーもそのままでOKです。

後は、サスペンションですね(^_^)ご依頼お待ちしております♪

2017年06月13日

FJRにスモーク加工

ご提案と言いながら、実はお客様よりのご要望で実現しました。
写真だけで おやっ? っと思われたならなかなかのFJRツウです。

IMGP9819.jpg

お分かりでしょうか?
こちらは純正スクリーンなのにスモークなんです。

FJRのスモークスクリーンは社外より供給されていますが、やはり性能は純正が一枚上手。
そこで純正スクリーンをスモーク加工して、快適性能を格段にアップ。
しかもルックスも締まって、精悍なマスクのFJRに良く合います。

実はこのスモーク加工、かなり高度で特殊なカスタマイズでして、信頼と実績のあるプロの技術を必要とします。

YSP福重では既にご購入頂きましたお客様と、これからご購入頂きますお客様へ、このスモーク加工を承ります。

FJRのリミッターカットと同じく、自店販売のお客様のみご提供させて頂きますので、気になった方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

2017年06月12日

メカニック便り 132

メカニックの柴田です。

リコールでお預かりしていましたドラッグスタークラシック400はオーナー様が

運転中クラッチ操作に違和感があるとの事でしたのでクラッチプレート交換作業も

お受けいたしました。冷間時と走行後の明らかなクラッチの遊び量の変化が発生する

という事でした。

DSC_0889.jpg

マフラーは全て外します。ステップ、ブレーキペダルも外します。

カバーを開けるとクラッチはこんな構造です。

どのMT車も同じ構造です。

DSC_0886%20%281%29.jpg

DSC_0888%20%281%29.jpg

外したクラッチプレートです。まだ走行距離が4000キロなので新品との

外観の違いははっきり分かりません。

クラッチプレートを交換して体感できる大きな違いはありませんでしたが、

冷間時と走行後のクラッチの遊びの変化は交換前よりは少なくなりました。

外したクラッチプレートはメーカーに送り返すことになりました。

プレートの歪みが原因ではないかと思います。原因が定かでないのが後味悪いですが

今後同じ車種で同じ事例が出れば今後の勉強に出来ると思いました。

メカニック便り 131

メカニックの井上です。

S様MT-07のメンテナンスの続きです。
今回は、チェーン&スプロケットの交換です。
IMG_2539.jpg
錆とスプロケットの摩耗がみられます。
調整はまだいけますが、こちらも早めの交換でのご依頼です。
チェーンとスプロケットは同時交換をお勧めします。
IMG_2541.jpg
IMG_2542.jpg
IMG_2543.jpg
交換作業に入り、ちゃちゃっと組み付けていきます。
IMG_2545.jpg
新品って気持ちが良いものです。
さー交換したから暫くは大丈夫って思うでしょ?
実は新品チェーンって最初が一番伸びるんです!
約1,000km走られましたら必ずチェーンの張りをチェックし、調整してください。
雨の日なども乗られる方は、週1回は必ずチェーンに給油してあげてくださいm(__)m

V・ロッシとM・ビニャーレス、8位と10位

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとM・ビニャーレスは、カタルニアGPでそれぞれ8位と10位でゴールラインを通過し、貴重なポイントを手中にした。

20170611motogp_1.jpg

Monster Yamaha Tech3のJ・ザルコが、14番手からスタートしたあと素早く順位を上げてヤマハ勢トップの5位を獲得。厳しい暑さで、難しいコンディションになったにもかかわらず、レース終盤までに6番手へ浮上し、最終ラップではチームメイトをパスしてサテライト勢トップの座をもぎ取った。

20170611motogp_08.jpg

「フリープラクティスの全セッションで苦戦してきたので、厳しい展開になることをはじめから予想していました。今日のようなコンディション、つまり暑くて路面グリップが低下しているときには、われわれのマシンはいつものような強さを発揮することが難いようです」

息が詰まる様なレースでしたね。結局、全てのライダーがレース序盤からタイヤと相談する慎重なレース。自らクラッシュを選択するライダーは僅かでした。
ヤマハワークスは浮彫の課題に対して、今日のテストで良い結果を掴めると良いのですが。

次戦は25日オランダです。

第7戦カタルニアGP、決勝結果はこちらから。

2017年06月11日

メカニック便り 130

メカニックの柴田です。

DSC400のリコール対策作業です。交換部品はステータコイル一式となります。

DSC_0889.jpg

DSC_0896.jpg

本日の作業でDSC400のリコール作業は二回目です。最初の作業は4時間ほど要しましたが、

何が一番時間がかかるかというと、古いガスケット剥がしです。

綺麗に取り除いておかないと新品ガスケットを取り付けた際に隙間ができ、オイル漏れを起こ

します。

作業開始から試乗も含めて約3時間ほどで完成出来ると思います。

DSC400にお乗りの方にはご迷惑をお掛けしますが、まだ対策済みでない

お客様はお早めに対策済みの部品交換をお願いしています。

Movistar Yamaha MotoGP、グリップ不足に苦戦

Movistar Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスはQ1で2番手を獲得し、12人で行われるQ2へ進出して9番手を獲得。
一方のV・ロッシはQ2への進出を僅差で逃して13番手となった。

20170610motogp_01.jpg 20170610motogp_02.jpg

J・フォルガーが予選で健闘してヤマハ勢トップの8番手を獲得。
チームメイトのJ・ザルコもQ1で決意の走りを見せた。後方からスタートしたあと激しいチャージを図ったが、トップ2にはわずか0.060秒届かずQ2進出はならなかった。

20170610motogp_05.jpg 20170610motogp_06.jpg

今回、最大の問題はザルコのヘルメットです。デザインを変えて来ましたので、動画では探しつつ見落としてしまいます。
皆さん、ザルコのヘルメットのデザインは確認しておいてくださいね。

さて、ロッシが苦戦しつつもザルコも苦戦となれば、原因はマシンではなさそうですね。
路面温度が50℃を超えると、コンパウンドを変えても勝負への影響は少ない様子。
どのチームもグリップがつかめずにセッティングを探っている状態です。

決勝も恐らく転倒が多数発生すると思われますので、大荒れのどんでん返しも大いに有り得ます。
ウルトラスムーズで最後までやり過ごすか、一発勝負のアグレッシブな勝負師か、勝者は誰になるのでしょうね。楽しみです。

第7戦カタルニアGP、予選結果はこちらから。l

生放送、日テレG+の放映スケジュールはこちらから。

2017年06月10日

試乗が拘りのの福重

MT-10とMT-09、カタログデータの違いは分かるが実際どうなんだろう?そんなをお悩み解決をお手伝いします。

_IGP9602_8_400.jpg

試乗は詳細をご確認いただいた上で前日までにご予約下さいませ。
当日のご対応はご遠慮させて頂いております。
詳しくはこちらからご確認頂けます。

2017年06月09日

メカニック便り 129

メカニックの井上です。
S様MT-07 のフロントフォークOHとチェーンスプロケット交換のご依頼を頂きました。
IMG_2532.jpg
ありがとうございます。
今日はフロントフォークOHの作業過程をあげさせて頂きます。
IMG_2533.jpg
早速フロントフォークを分解していきます。
IMG_2534.jpg
ダストシール、オイルシール共に劣化は酷くないですが、定期交換ですので早いに越したことはありません。
S様は大学生ですが、しっかりとMT07のメンテナンスをされます。
お若いのに関心させられますm(__)m
IMG_2535.jpg
27,000km走ったフォークオイルも汚れは酷くないのですが、粘度は下がっておりました。
IMG_2536.jpg
全て分解し、清掃しております。
さて、組み込んでいきますが、純正との変更点をご紹介します。
IMG_2537.jpg
SKFフォークシールです。スタンダード比20%以上フリクションを低減します。
耐久性にも優れております。
IMG_2538.jpg
サスペンションオイルにも一手間加え、EPLのPL500を混ぜての油面調整を行っております。
IMG_2546.jpg
組み付け完了です。S様のインプレが楽しみです。

次のブログには、チェーン交換についてあげさせて頂きますm(__)m

2017年06月08日

メカニック便り128

メカニックの柴田です。

エアフィルターの汚れ、交換対象の点検です。

DSC_0878%20%282%29.jpg

↑こちらのエアフィルターはアクシストリート(約20000キロ走行)から取り外した

モノです。ご覧のとおりひどく汚れています。これでもエンジンにはしっかり

空気は送られていますが、新鮮で綺麗な空気が取り込まれているのか?

と言いますと、そうではありません。

エアフィルターは良い混合気をエンジンに送る為、フィルターを通して

走行中の外気、路上の埃・粉塵・湿気をフィルターに吸着させて濾過された空気だけが

エンジン内部に送り込まれます。これが、長期間同じ状態に晒された状態が

続きますとフィルターの本来の機能が発揮できなくなります。

DSC_0879%20%281%29.jpg

↑二枚目画像の上のフィルターは10000キロ走行のエアフィルターです。

車種によっては汚れの進行具合に差が出てきます。

スクーターは後輪上方に取り付けされている場合が多いですので直接外気を

吸入しフィルターが汚れるのが早い傾向にあります。


このぐらい汚れていても体感できるパワーの差はそんなにありませんが、

消耗品ですので一定の期間もしくは期間を定めて交換するのが一番です。

2017年06月06日

メカニック便り 127

メカニックの井上です。

本日、ドラックスター400FI、ドラックスタークラシック400FI のリコールが発表になりました。

詳細は下記の通りです。(ヤマハHPより抜粋させていただきます。)
原動機において、クランクポジションセンサー内部のはんだ付け部を覆う、保護材の材質が不適切なため、エンジンオイルがセンサー内部へ浸入し、銅線に付着することがある。そのため、渋滞路走行等によりセンサーが高温になると、エンジンオイル成分で銅線が腐食し、最悪の場合、銅線が断線して走行中にエンストやエンジンが始動不能となるおそれがある。

改善処置の内容:ステーターコイルアッセンブリを対策品と交換する。

ご愛用者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。改善部品が入庫次第、順次ご連絡させて頂きますので、もう暫くお待ちください。

ご自身のバイクが、リコール対象車か確認についてはこちらから検索いただけます。

2017年06月05日

メカニック便り 126

メカニックの柴田です。

長い間在庫車としてショールームで展示していたxt1200zスーパーテネレ、

ついにご成約頂きました!ありがとうございます。

今回は納車整備の様子です。

プラグ・オイル・ブレーキフルード・ドライブシャフトオイルを全て新品に

交換しベストな状態でお客様に乗って頂くためにも、本腰入れて行います!

DSC_0882%20%281%29.jpg

タンク取り外し、プラグ交換です。エアフィルタは綺麗な状態でしたのでそのまま使用です。

ドライブシャフトオイルは新車状態から一度も交換していませんでしたので

かなり汚れていました。

プラグは4本交換します。スーパーテネレは2気筒エンジンですが、ツインプラグ

式ですので交換の際は4本必要になります。

DSC_0885.jpg

消耗品関連で交換する箇所は終わりましたが、オプションパーツで更に

快適装備を増加していく予定です。

早くも本日、タンク下に取り付け可能なヘルメットホルダーを付けました。

DSC_0883.jpg

ヘルメットを掛けてみると、こう↓です、

DSC_0886.jpg

有れば嬉しい・ありがたいオプションパーツの一つです。

今度はフォグランプを装着予定です。

2017年06月04日

メカニック便り 125

メカニックの井上です。
I様FZ1 FAZER の スイングアーム交換のご依頼を頂きました。
ありがとうございます。
IMG_2509.jpg
早速、分解していきます♪
IMG_2513.jpg
サクサクっと分解できる造りで助かりますm(__)m
IMG_2511.jpg
FAZER はフレーム内にチェーンが通っている為、一度チェーンを切ります。
繋ぎ合わせますので問題ありません。
IMG_2514.jpg
新品ベアリングを打ち直し、グリスアップをし組み付けていきます。

いや~外したスイングアームもとっても綺麗ですが、分けあって交換しました。

スイングアームにグリスアップするだけでも体感できるほど変わります。

どうです?グリスアップ? 

2017年06月03日

メカニック便り 124

メカニックの柴田です。

ジョグのウォーターポンプ交換作業です。

DSC_0876.jpg

DSC_0875%20%281%29.jpg

下の写真が元々JOGに付いていたウォーターポンプです。

ポンプ内でシールが破損し、冷却水がエンジン内部に流れ込んでしまい

抜いたオイルは冷却水が混じって茶色+白に変色していました。

ウォーターポンプ内部は↓

DSC_0881.jpg

DSC_0882.jpg

外したポンプからはオイルと冷却水の混じった液体が垂れてきました。


このままの状態にしておくとエンジンにとってよろしくないのはお分かりだと

思いますが、この症状を見つける手段は、オイルフィラーキャップに付着したオイル

の量を測るときに同時にオイルの色もチェックしておく方法が良いかと思います。

この症状の大半はオイルを抜いたときにわかるからです。

JOG/ビーノ/ボックス/ギアにお乗りの方は一度見てみてはいかがですか?

2017年06月02日

メカニック便り 123

メカニックの井上です。
W様 TMAX530のカスタムご依頼を頂きました。
ありがとうございます。
IMG_2505.jpg
ヤマハパワービーム ¥30,240(税込み)
某四輪高性能車にも装着されている「パフォーマンスダンパー」です。
走行中の車体の変形及び振動を吸収し、ハンドリングを向上させます。
IMG_2508.jpg
取付もまったく目立ちません。
高速道路などを頻繁に走られる方にはお勧めの一品です。

2017年06月01日

メカニック便り 122

メカニックの柴田です。

リヤブレーキ鳴きの調整&メンテナンスです。

車両はfjr1300asです。

DSC_0875.jpg

この車種は新車の状態(ブレーキパッドグリスが塗布されていない、パッドの角の面取りが施

工されていない)状態でよく出る症状の一つです。

このfjr1300as は症状は出ていませんでしたが、面取り加工がされていませんでしたので

加工しましました。

DSC_0878.jpg

半分だけ見えているパッドは未加工のパッドです。

これを行うだけでも全然違います。

ブレーキ鳴きで気になるという方はご相談ください。


Calendar

2017年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

YSP友泉グループ~YSP小倉・YSP大濠・YSP友泉・YSP福重はお客様のバイクライフを生涯サポートさせていただきます
YSP友泉のウェブサイトへ

YSP大濠のウェブサイトへ
YSP小倉のウェブサイトへ

バイク・オートバイを借りるならレンタルバイク九州でYSP福重はレンタルバイク九州加盟店です~レンタルバイク九州のサイトへ

ヤマハ発動機のサイトへ
ヤマハ海外向けモデル/プレストコーポレーションのサイトへ
YSPメンバーズクラブのサイトへ
社団法人 自動車公正取引協議会(ATFC)のサイトへ
(社)自動車公正取引
協議会(ATFC)
二輪車リサイクル~YSP福重は廃棄二輪車取扱店です
廃棄二輪車取扱店
(社)全国二輪車安全普及協会グッドライダー防犯登録
(社)全国二輪車安全普及協会
グッドライダー防犯登録
NMCA日本二輪車協会~オンライン署名募集中!バイクに駐車スペースを
NMCA日本二輪車協会
オンライン署名募集中!